TIESのブログ

Githubのissueをコミットでcloseする

GitHubのissuesは、不具合などの課題をレポジトリごとに管理する機能ですが、一度立てたissueを閉じる(closeする)には、通常ブラウザからの操作が必要です。
これをコミットのメッセージで閉じられるということで試してみました。

まず、GitHub上でissueを立てておき、それを修正するコミットを作成します。
コメントはfix #19(番号はissueナンバー)と入れます。

GitHubにプッシュして、ブラウザで見てみるとこんな感じ。

github01

よくみると、issueナンバーにアンカーがついてますね。クリックすると、その番号のissueに飛びます。

github02

最初に立てたissueに飛びます。ばっちりcloseされていますね。こちらには、先ほどプッシュしたコミットの番号が書かれていて、修正内容とissueが紐づけられたのが分かります。

ちなみにコミットのメッセージは公式のドキュメントによると、fix以外にもcloseやresolveでもよいそうです。

CHiLO Producer 2.0をリリースしたときは、ファイル総とっかえだったので、この機能は使えなかったのですが、今後細かな修正をしてリリースしていく際に、便利そうです。

Githubのissueをコミットでcloseする はコメントを受け付けていません。