TIESのブログ

新しいCamtasia Studioを使って

CHiLO Bookを先生に作成してもらうため、画面録画ソフトが必要になりました。
フリーのものも含めてCHiLOを作成するのに都合のいいものを確認しておきたいですが、今回はあまり時間がありません。
そんなこともあり、ひとまずはこれまで通りCamtasia Studioを使用することになりました。
icon

TIES内のパソコンは軒並みWindows10にアップグレードしてしまい、
旧バージョンのものが対応しなくなったため、Camtasiaも新調しました。

今回確認のために初起動をしたのですが、
基本的な構成は昔のものと特に変わりはないようですね。
前のバージョンでもあったかもしれないですが、タイムラインも追加出来るようになっており、
ある程度の編集も可能なようです。
time-line

あとは登録したプリセットを使用してmp4に書き出せば完成です。
preset
ただ、録画した動画の拡張子がaviなのは少しいただけませんね。
編集前提ならいいのですが、出来るだけ手順を減らしたい場合
録画の終わった段階でCHiLOに登録可能な形式のmp4で出力されるとうれしいですね。

ただ、録画するソフトで編集もおこなえるので
一つのソフトで録画から微調整までおこなえると考えるとこれはこれでいいのかな?
まぁ、時間を見つけてオススメソフトを選定しておきます。

新しいCamtasia Studioを使って はコメントを受け付けていません

win10への更新

ご存じの方も多いと思いますが、現在一部の環境でwindows10への無償アップグレードが可能となっています。
アップグレード予定の方は、無償アップグレード期間は2016年7月29日までとなっているためご注意ください。

さて、TIESでもアップグレードが可能なものについては順次対応していますが、
ドライバやソフトが正常に動作するかの確認を先にしておく必要があります。

通常の事務用のパソコン等では特殊なものは使用していないので問題ありませんが、
画像や動画の編集用のソフトを入れているパソコンや講義収録用のパソコン等は
色々なソフトやドライバが入っています。

今回は収録用のパソコンの動作確認をおこないました。
P1090487
ペンタブレットやカメラやそれに使用しているソフト等も正常に動作しているようです。
古いソフトも使用しているので少し心配していましたが、問題ないようで安心しました。

win10への更新 はコメントを受け付けていません

Ustream配信のテロップ作成。

TIESのシンポジウムも明日となりましたので、あらためて告知です。
2016年6月25日[土]13:30より、TIESシンポジウム「日本のオンライン教育の現状と未来」を開催いたします。

会場の模様はUstreamでも配信いたしますので、感想などはハッシュタグ#TIESsymp2016をつけてツイートください。

開催概要はこちらです。
sympo2016_banner

さて、当組織ではUstream配信に、LiveShellという機器を使っているのですが、このLiveShellにはテロップを入れる機能があります。

どのようにテロップを表示させるかというと、まずはあらかじめ文字列テロップを作成して保存しておきます。

liveshell

文字の大きさやフォント、表示させる位置もここで指定できます。

保存すれば、画像一覧のほうに作成したテロップのサムネイルが出てくるので(うちのテロップの場合、ちょっと見づらいですが)、あとは好きなタイミングで選択して「送信」を選択すると、テロップが表示されます。

liveshell2

明日に向けた機材の準備等もひと段落ということで、体をしっかり休めて明日に臨みたいですね。

Ustream配信のテロップ作成。 はコメントを受け付けていません

おなじみのシンポジウムの準備-3

さて、今年のシンポジウムも今週末へと迫って参りました。

先日の記事にて準備を簡略化すると書いていましたが、
やはり音質の問題などを考え、昨年同様の収録方法になりました。

というわけで再度機材の点検です。
20160620_162520
机の上に色々と並べて機材の動作確認をおこなっています。

そうしていると、パソコンからの音声出力をおこなうケーブルの音声がおかしいことに気が付きました。
20160620_162643
どうもこの変換ケーブルを使用すると、一部の音が反映されていないようです。
うーん、このケーブルのステレオミニ端子の方は、ねじで締めるようになっているため、
普通のステレオミニジャックに差すと奥まで差さらずに、音が不完全になるようですね。

仕方ないのでこの端子とセットの無線マイクを経由して音を受け渡すことにしました。
これなら音も問題なく出るようです。
20160620_162649

ステレオミニプラグに変換したかっただけなのに、電池の使用量が増えてしまいました。
そう高いものでもないでしょうし、次の機会があるようなら変換ケーブルを用意しておきたいですね。

おなじみのシンポジウムの準備-3 はコメントを受け付けていません

おなじみのシンポジウムの準備-2

今年のTIESのシンポジウムは、昨年と同じ会場での開催です。
会場での準備やUSTREAMでのLive映像の配信、編集をおこない後日配信するための収録など、
色々と準備があります。

今年は可能なら機材の準備を簡略化し、
会場のマイクを使用して、スピーカーから出てきた音をカメラから取り込もうかと思っていましたが、
シンポ準備
やはりその撮り方では会場の空調音やスピーカーの雑音など、不要な音が混じってしまい
音質が低下してしまいます。

当日にその辺りを確認してからになりますが、
昨年同様、ミキサーや無線マイクを活用してマイクに入った声を直接取り込んで配信や録画に使う方法になりそうです。

関連ページ:おなじみのシンポジウムの準備-1

おなじみのシンポジウムの準備-2 はコメントを受け付けていません

TIESのペンタブについて

TIESでペンタブレットの話をすると、古いintuos3の話ばかりになってしまいますが、
これしかないかというとそういうわけでもありません。

まずはこのペンタブの後継機、intuos5…、現在intuos proとなっている製品。
これはワイヤレス化キットが別途購入でき、有線と無線とを使い分けることが可能です。
20160415_175325

また、intuosシリーズの廉価版、Bambooからの製品、
こちらも名前が統合されてintuos(Sサイズ)もあります。
20160415_175336

こちらも廉価版とはいえ、そこそこ最近出たものなので、
intuos5(pro)と同様、有線と無線を使い分けることが可能で、
ワイヤレスキットも付け替えることが共用できます。

と、これだけ見ると普通のintuosも変わらなさそうですが、
比較を見ると、全体的にスペックや拡張性が低いようですね。
http://tablet.wacom.co.jp/article/about-intuos
まぁ、詳細な絵を描く訳でもなく、
文字を書きこむ程度なら特に問題ないようです。

使用感など詳しい話はまた機会があったら書きます。

TIESのペンタブについて はコメントを受け付けていません

ペンタブの不調に対応

ある不調のペンタブがあります。
20160412_173435
WACOM製のペンタブレット『intuos3』です。

うちでいつから使用しているかは分かりませんが10年以上前に発売されたもので、
かなり長いこと使用しています。
他のペンタブもあるため、不調のままにしてきたのですが、
先日の記事にも書いたとおり、今期は1セット多めに機材を準備する必要がありました。
なので、このペンタブを直せないか少し確認してみました。

原因は不明ですが、ペンを静止させていても、ポインタが左右にぶれます。
ペンを交換したり、パソコンを交換したり、色々条件を変えて確かめていきましたが、
ペンタブ本体の問題だろうという結論になりました。

解体しないと直せない内部の問題なら手が付けられませんが、
ペンを近付けて認識している時のみ起こる現象なので、
読み取りがうまくいっていないのかもしれないですね。

ふと気が向いて少し塗れティッシュで拭いてみると、ブレが収まりました。
どうも表面が汚れていたのが原因のようですね。
WACOMのサイトにもお手入れ方法が書いてありました。
http://101.wacom.com/UserHelp/ja/CareMaintenance.htm

時々綺麗にしてあげれば、まだまだ現役で使ってあげられそうです。

ペンタブの不調に対応 はコメントを受け付けていません

HDDケース-3

以前のケースの記事で軽く触れていた新旧比較の画像です。
じゃじゃーん
P1090477
うーん、コンパクトになっている気がしていたんですが、

こうして見比べると横が半分になった分、奥行きが長くなっていますし、
高さが少し伸びているので、あまり変わらないかもしれませんね。
P1090476
真上から見るとよく分かりますが、横長の方のケースは天板部分がたわんでますね。
新しいものは持ち手やフレーム、蓋を固定する部分も大きくなって頑丈になっています。

そしてこのケースの前回との大きな相違点、
P1090475
そう、このHDDケースは鍵付きなんです。

早速試してみましょう。
P1090474
(一応鍵の溝は隠しています。)
うーん、ぺらぺらで少し使いづらい鍵ですね…。
昔使っていた勉強机や、日記帳に付いていた鍵を彷彿とします。
まぁ、防犯というよりは、恐らく持ち運ぶ際の安心感のためにあるといったところでしょうか。

価格が下がって頑丈さが上がるのは嬉しいですね。

HDDケース-3 はコメントを受け付けていません

HDDケース-2

以前も紹介したHDDケースがついに手に入りました。

こちらが以前のもの
P1090472

新しいもの
P1090473

持ち手の部分が大きくなり、
各面に使われている板も長い辺がなくなったのと素材の形状が変更されたことで
少しがっしりしたように思います。

蓋を開けて見比べてみると、
P1090469

新しいものの方が仕切りの緩衝材も分厚くなっていますね。
P1090470
ただ以前と違い、HDDの上端まで収まってしまうため
安心感はあるものの、少し入れづらいですね。

入れる時は仕切り板に備わっているこの部分
P1090471
この取り出し用の凹みに合わせてHDDを持たないと、数cmほど落としてしまうことになりますね。

っと、肝心の新旧比較の画像を載せ忘れましたね。
また機会があればアップします。

HDDケース-2 はコメントを受け付けていません

HDDケース

仕事でデータを取り扱っていると、2TBや4TBのHDDを使用していてもデータが溜まっていきます。
以前もデータの整理とバックアップ-2の記事で取り上げていたように
TIESではHDDのケースを使用して、HDDを整理しています。

以前は1つでしたが、スペースが不足しているため、このように買い足しています。
20151210
データは全てHDD二台ずつ二重化して保存しているものの、
以前は同じケース内に入れていましたが、
今ではそれぞれケースを分けて、場所も少し離して同じデータを保管しています。

そのケースも画像のように、そろそろスペースもなくなってきました。
持ち手の部分が頼りなさそうなのが気になるものの、ケース自体には満足しています。
ただ、また2ケースを準備しようとするとなかなかお高いです。
10本保管&持ち運び可能ジュラルミン風 3.5インチ ハードディスクケース販売価格 4,499円(税込)送料別

そう思って少し探してみると、同社の製品で新商品が出ているようです。
3.5インチ内蔵ハードディスク10台収納用鍵付きハードディスクケース販売価格 3,499円(税込)送料別

少しお安いうえに、以前よりコンパクトになっているように見えます…が、
製品仕様をよく見ると、重さが約1550gから1.96kgに増えています。
実物は案外大きいのでしょうか。

もう一つ気になるのが、製品保証が
お買い上げ後6か月間からお買い上げ後 初期不良2週間に変わっています。

うーん、据え置き用途なので不良などは問題ないとは思いますが
前の製品も販売中なのに、どうしてこんなに保証期間が異なるんでしょうか。
気になるところです。

HDDケース はコメントを受け付けていません