Menu

トップNPO法人CCC-TIES 「2010CRM ベストプラクティス賞」を受賞

NPO法人CCC-TIES 「2010CRM ベストプラクティス賞」を受賞

帝塚山大学が独自に開発し、高等教育機関に無償提供を行っているeラーニングシステムTIES(タイズ)のユニークな試みが評価

2010年11月19日発信
報道・教育関係者 各位

帝塚山大学が中心となり、全国の大学と大学教員が連携して設立された、日本初のeラーニングによる大学連携組織「NPO法人サイバー・キャンパス・コンソーシアムTIES」*1(以下、NPO法人CCC-TIES)は、このたび、一般社団法人CRM協議会*2(以下、CRM協議会)が選定する「CRM ベストプラクティス賞」*3を受賞しました。

同賞はCRM協議会が最新のIT技術を活用して先進的なCRM(Customer Relationship Management=顧客中心経営)で成果を上げている企業・組織・団体を表彰するもので、今年度で7回目を迎えるものです。

今回は、帝塚山大学が独自に開発し、高等教育機関に原則、無償提供を行っているeラーニングシステムTIES(タイズ)を利用している全国の大学と大学教員に対して、NPO法人CCC-TIESが大学教員を顧客(TRM:Teacher Relationship Management)と定義し、eラーニングの普及と、教育現場で教員が安心して教育ができる環境を整備し、77大学と1,000人以上の教員及び60,000人近い学生が集うサイバーキャンパス(コミュニティ)を形成したという、大変ユニークな試みに対して評価されたものです。

帝塚山大学およびNPO法人CCC-TIESでは、これまでにも、本活動を通して蓄積された、授業で使用される或いは使用された教材(テキストや動画)やノウハウなどを公開することで、地域社会への教育的貢献に努めてまいりました。
この度の受賞を機に、より一層、「知の拠点」たるべき大学の社会的責任を果たすべく努力してまいります。


授賞式の模様
写真右から(敬称略)
小野成志(根津育英会 NPO法人CCC-TIES理事)
藤枝純敦(社団法人CRM協議会会長)
中嶋航一(帝塚山大学 NPO法人CCC-TIES理事)
堀真寿美(帝塚山大学 TIES教材開発室)

なお、他の受賞団体は以下の通り(50音順)
尼崎市 協働推進局 協働企画課/オイシックス㈱/㈱キャディッシュ/ケンコーコム㈱/学校法人東京音楽大学/日興コーディアル証券㈱/㈱ニデック 医療事業統轄本部 事業企画室/パナソニック㈱ AVC ネットワークス社 CS 推進センター VOC 室/㈱兵衛旅館 社長室/三重県 出納局

資料ダウンロード:

<本件に関するお問い合わせ>
〒631-8501 奈良県奈良市帝塚山7-1-1 帝塚山大学 Tel:0742-48-8561 Fax:0742-48-2394
E-mail: info@cccties.org

*1)特定非営利活動法人 サイバー・キャンパス・コンソーシアムTIES」(略称:NPO法人 CCC-TIES)

ICT活用による地域社会への教育的貢献を果たすことを設立の趣旨とし、eラーニングシステム・TIES(タイズ)を利用する大学と大学教員の知的資源を社会に公開することにより、地域社会における「知の拠点」たるべき大学の社会的責任を果たすことを支援をする非営利法人。
【理事長】 横見 博之(前帝塚山学園長)
【事務局】 帝塚山大学東生駒キャンパス
【設立】 2006年5月11日
【URL】https://www.cccties.org/

*2)一般社団法人CRM協議会

2009年10月1日に発足し、ユーザー、ベンダー、アカデミーらが協力しながら、日本におけるCRMのあるべき真の姿を研究・追求し、これを推進すべく、2000年4月より発足していたCRM協議会の活動を引き継いでいるオープンでノンプロフィットの会員組織。
【名誉会長】大星 公二(元株式会社NTTドコモ会長)
【会長】 藤枝 純教
【事務局】 東京都新宿区
【設立】 2009年10月1日
【URL】http://www.crma-j.org/

*3)CRMベストプラクティス賞

CRM協議会主催の「CRMベストプラクティス賞」とは、最新のIT技術を活用して先進的なCRMを実施して成果をあげている企業・官公庁・団体を公募し、その中から特に優れたものを「ベストプラクティス賞」として選定し、CRM推進のモデルケース創りや人材育成として、広く役立てていきたいという目的で実施されているものです。【http://www.crma-j.org/best_practice/best_practice_2010.htmlのベストプラクティス賞」応募のご案内より引用