Menu

トップTIESシンポジウム 2018『ブロックチェーンが教育を変える』配信中

TIESシンポジウム 2018『ブロックチェーンが教育を変える』配信中

※講演で使用された資料を公開しています。

現在イベント参加申込受付中

概要

 ブロックチェーンの出現は学校教育の状況を変えようとしている。ブロックチェーンは学校の壁を乗り越えるのではなく、学校で実現できなかった学びの仕組みを提供する。
ブロックチェーンが既存の学校制度をどのように変えるか、我々にどのような未来をもたらすかについて議論する。

開催日2018年10月20日[土]

TIESシンポジウム 2018
開会挨拶

学校法人 帝塚山学園 学園長 / NPO法人CCC-TIES 理事長 柳澤保徳

Google Play Books,
iBooks Store からのダウンロードページ

基調講演Ⅰ
新しい教育インフラストラクチャ・教育ブロックチェーンが目指す未来の教育とは

ソニー・グローバルエデュケーション 高橋恒樹

講演映像

講演資料

google
iBooks
基調講演Ⅱ
EdTechは本当に教育を変えるのか?EdTechと未来の教育

デジタルハリウッド大学大学院 教授 佐藤昌宏

講演映像

講演資料

google
iBooks
招待講演
次世代電子学習環境(NGDLE)の可能性とその問題点

放送大学 教授 山田恒夫

講演映像

講演資料

google
iBooks
一般講演
ブロックチェーンと学習経済で教育がどう変わるか

NPO法人CCC-TIES附置研究所 主任研究員 堀真寿美

講演映像

講演資料

google
iBooks
パネル討論
ブロックチェーンが教育を変える

司会:NPO法人CCC-TIES 副理事長 小野成志
パネラー:講演者各位

 小野理事_HP用

趣旨

 学校教育は、社会と経済の発展に有効な手段であり、世界各国において戦略的に学校教育の拡大が推し進められている。しかしその一方で、多くの批判にもさらされてきた。ドラッカーは、目まぐるしく変化する現代の知識社会において、学校教育には明らかに限界があると指摘している。イリイチは「脱学校の社会」を提唱し、学習者が自ら学ぶことの重要性を強調している。そして、MOOCはこれまでの大学教育に対する挑戦であり、「世界の大学は、僅か10しか残らない」とまで言う。しかし、学校という巨大な壁を乗り越える教育手段は未だ現れていない。
 ブロックチェーンの出現は、その状況を変えようとしている。 教育は、学校だけで行われるものではない。日常の体験の中に学ぶことは多くある。ブロックチェーンの「非中央集権的」アーキテクチャを用いれば、そうした体験を記録し、個別化された学びを生み出し、その「信用の技術」により信頼性の高い学習証明書を発行することができる。ブロックチェーンは、学校の壁を乗り越えるのではなく、学校で実現できなかった学びの仕組みを提供する。
 本シンポジウムでは、ブロックチェーンが、既存の学校制度をどのように変えるか、そしてそれは我々にどのような未来をもたらすかについて議論する。

協 賛
株式会社きんでん奈良支店
株式会社アクタスソフトウェア
株式会社内田洋行
コワーキングスペース天満
フェイス・ソリューション・テクノロジーズ株式会社
後 援
ソニー・グローバルエデュケーション
大学eラーニング協議会
帝塚山大学
主 催

本イベントご案内ページ

過去に開催したイベント