Menu

トップTIESシンポジウム2020『来たるべき学びの時代のために ―オンライン学習のオープン化と著作権―』資料配信中

TIESシンポジウム2020『来たるべき学びの時代のために ―オンライン学習のオープン化と著作権―』資料配信中

※当法人では以下の内容でシンポジウムを開催しました

開催概要

対象
高等教育関係者,教育関連企業・団体関係者,その他,本テーマに関心を有するもの

日程
2020年11月21日[土] 13:30-18:00(受付13時00分〜)

会場
ZOOM開催

主 催
NPO法人CCC-TIES

後 援
文部科学省
JMOOC
日本IMS協会
CAUA
帝塚山大学
大学eラーニング協議会

協 賛
株式会社 アクタスソフトウェア
株式会社mokha
有限会社うえだうえおうぇあ
日本教育技術コンサルティング合同会社
株式会社きんでん
東風情報技研株式会社

開催内容

開催日2020年11月21日[土]

TIESシンポジウム 2020
開会挨拶

NPO法人CCC-TIES 理事長 柳澤 保徳

基調講演Ⅰ
オンライン教育の普及を促す教育のオープン化

北海道大学オープンエデュケーションセンター 副センター長 重田 勝介

講演映像

講演資料

特別講演
国内におけるOER実態調査に基づく教育コンテンツ再利用の可能性

国立情報学研究所 情報社会相関研究系 助教 古川 雅子

講演映像

講演資料

基調講演Ⅱ
授業目的公衆送信補償金制度とオンラインの学び

一般社団法人授業目的公衆送信補償金等管理協会 副理事長 土屋 俊

講演映像

講演資料

基調講演Ⅲ
デジタルバッジと未来の学び

日本IMS協会 理事・デジタルバッジ関連標準国内導入検討部会 部会長・放送大学 教授 山田 恒夫

講演映像

講演資料

一般講演
学習経済が拓く新しい学び

NPO法人CCC-TIES 附置研究所 主任研究員 堀 真寿美

講演映像

講演資料

討論
来たるべき学びの時代のために

司会:NPO法人CCC-TIES 副理事長 小野 成志
パネラー:重田 勝介,古川 雅子,土屋 俊,山田 恒夫,堀 真寿美

講演映像

趣旨

新型コロナウィルス感染症の世界的な流行は収まる気配がみえず,日本もいつ終息するか分からない状況です.オンライン教育に遅れていた日本の教育も,学校ではオンラインでの授業が否応なく進められ,教育の在り方も大きく変わらざるを得ない状況が続いています.
オンライン教育は,日本でこそ普及が進んでいませんでしたが,世界では,新型コロナウィルスによる影響を受けるはるか前から幅広い支持を受けており,同時に,オンライン教育を実現するためには,教育のオープン化は欠かせないものになっているものと考えられてきました.
日本においても,ニューノーマルといわれる状況を迎える中で,今後オンライン教育を継続するために,教育のオープン化は,避けては通れない課題となります.
さらに,オンライン教育と教育のオープン化が進展して行くとことにより,今日の学歴に基づく社会の在り方は大きく変わるでしょう.今日当たり前のように思われている学歴社会は,教育のオープン化により色あせ,今後は学習歴社会,さらには来たるべき将来の学習社会へと社会は歩みを進めて行くことになります.そうした未来の学習社会においてはデジタルバッジが,今日の卒業証書などとは比較にならない重要な役割を果たすことになるでしょう.
しかし,そのような時代を迎えるためには,もう一つ乗り越えなければならない壁があります.
オンライン教育に不可欠なコンテンツのオープン化のために,教育と著作権との関係を,まず真剣に解決しなければなりません.幸いにもこのタイミングで,2020年4月からは授業目的公衆送信補償金制度も開始され,オンライン授業支援の強化が果たされています.
これを機会に,オンライン教育と教育のオープン化そして未来の学びをもう一度考え直してみたいという思いで,本シンポジウムは企画されました.
本シンポジウムでは,オープンエデュケーションの第一人者である重田勝介氏,オープンコンテンツを専門とされる古川雅子氏,一般社団法人授業目的公衆送信補償金等管理協会(SARTRAS)の土屋俊氏そして日本IMS協会デジタルバッジ関連標準国内導入検討部会 の山田恒夫氏の皆様をお迎えし,オンライン学習が教育にもたらす様々な影響と課題について,オンライン教育における著作権,教育のオープン化の進展,教育の様々な場面で利用されつつあるデジタルバッジなどの最新の動向からみた,教えと学びのこれからのあるべき姿を議論していきます.

本イベントご案内ページ

過去に開催したイベント